2009年11月29日

回顧。参

お昼を過ぎた頃、ようやくドゥベが到着しました。腰を擦るのは初めてで、要領も悪く、私ももどかしかったのですが、ここは父親となるこの人に頑張ってもらうところだろうと、少々のことには目を瞑ることにしました。でも正直言って、腰を擦るのは父が一番、上手かったです。手を握るのも安心感がありました。
陣痛が来ては息み逃し。跡が残るくらいとんでもない力で手を握り、吹奏楽部仕込みの腹式呼吸で長〜く息を吐きました。
ドゥベが到着してから、BGMを前もって用意していたコブクロに変えました。好きな曲をかけるのは私にとっては良い気分転換と刺激になりました。
ただ、昼からは症候状態が続き、子宮口の開きも鈍くなり、ひたすら堪え忍ぶ時間となりました。いつまでこんな状態が続くのか、果たしてこの子は生まれてこれるのだろうかと、不安が広がりました。
その時です。母が、「Mさんて方が会いに来てるけど…」
助産師のTちゃんでした。入院したことをメールしていたので、心配して様子を見に来てくれたのです。
私は泣き付きたい衝動を抑えつつ、しんどい旨を伝えました。Tちゃんは全部受け止めてくれ、優しく身体を擦りながら励ましてくれました。
「何か食べた?」と訊かれたので「食べれない」と首を振ると、「甘いものを口に入れるとお産が進むよ。プリンとかチョコなら食べられるでしょ?」と。
そういうものは避けなきゃいけないと思っていた私は目から鱗。すぐにドゥベが売店に走り、甘いものを調達してきました。
Tちゃんは、黙々と息み逃しをしている私を見て、「えらいね」「泣き言ひとつ言わんで凄いよ」と言ってくれました。甘いものの力もあり、また頑張る力をもらいました。
夕方も5時になると、看護学生が帰る時間です。そこからは家族で頑張らねばなりません。
父、母、ドゥベの3人で、代わる代わる腰を擦り、手を握り、お茶やお菓子を口に入れてくれる係を順繰りしながら、いよいよお産の本番が近づくのでした。
posted by まう〜 at 07:34| Comment(0) | 妊婦生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

回顧。弐

病院へ着くと、まず、診察がありました。
子宮口はまだ1センチしか開いてなかったので、帰宅して様子を見ても良いけど、心配なら、ベッドも空いてるし、病院で一晩過ごしてもいいよと言われました。
朝になって帰るのもアリだなと思い、そのまま病室へと案内してもらいました。
そこで思わず二人を帰したのが失敗だったのですが、これ以上、心配させたくないのと、眠れなかったら可哀想だという思いから、ドゥベと母には帰ってもらいました。
夜中の2時頃だったでしょうか、そこから私の戦いは始まったのです。
10分〜15分おきに痛みが訪れるため、うとうとしてはすぐに起こされる始末。痛みも徐々に増していき、ただひたすら息み逃しを繰り返してようやく迎えた朝。もういいだろうとドゥベに電話をしたら、彼はもう会社でした。
なので両親に電話をし、ヘルプを頼みました。もうこれは、帰宅する余裕はないだろうと感じました。
朝一番の診察で、3センチまで開きが進んだので、そのまま入院となりました。
両親は来るなり、腰を擦ってくれました。最初は違和感があったのですが、すぐに楽になり、それなしでは耐えられなくなりました。
朝ご飯が出されましたが食べる気が起きず、テレビで気を紛らわせながらフゥー、フゥーと息を吐き出し続けました。
お昼になって、診察を受けると、5センチまで開いたとのこと。LDRも空いてるから、と移動することに。
幸いなことに、研修中の看護学生2名も付いてくれることになり、バックアップ体制も整ったところでLDRへと向かいました。
posted by まう〜 at 21:09| Comment(0) | 妊婦生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

回顧。壱

思い起こせば一年前、私は初めての陣痛に、喜びと、未知への恐怖を感じつつ、静かに耐えておりました。
この日は朝一番におしるしがあり、慌てて病院と、実家に一時帰宅していた母に、電話をしたのでした。
それから、直に来るであろう陣痛に備えて、今しか出来ないことをやろう、と思い、家事その他面倒なことは一切やらず、ソファでのんびりとDVD鑑賞を始めたのでした(笑)
そういえばこの日も今日のように一日中雨で、まったり過ごすには最良の日だったことを思い出します。
幸いにも休日だったので、ドゥベも傍にいて、もしもに備えて仕事をして(もしもがなくてもやってるけど=3)お昼はこれまで必死で食事制限して頑張ったご褒美にと、宅配ピザを頼んで、好きなだけ食べて。
ビズを観てしょこたん観てコブクロ観て、そうこうしてたら両親が来てくれて、夕飯食べて早めにお風呂に入ったら、少しずつ生理痛のようなのが規則的になってきました。
心配なときは病院に電話をし、横になりました。その日の夜勤にヨガのインストラクターが入っていたのも大きな安心に繋がりました。
いつでも病院に行けるように、一階に寝ることにしました。母とドゥベが交代で様子を見てくれて、とにかく少しずつでも仮眠をとろうとしましたが、父以外はほとんど寝れない状態ではありました。
痛みの時間を計り、メモしながら、間隔が狭まってきたので病院に電話したら、一度来てみますか、とのこと。
父を残し、ドゥベと母に付き添われ、病院へと行ったのでした。

母に膝枕してもらうなんて、あれが最後かもしれないなあ(笑)
posted by まう〜 at 22:28| Comment(0) | 妊婦生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

白パーン♪

200911131139000.jpg
出来たー!
ハーイージー!
ペーター!
クーララーが立ったどー!


関さんが夢に出てきました(笑)
会話も出来るくらい近くに居るのに、やっぱりスターの存在は私には遠かった…。
そんな切なさを感じる夢でした(苦笑)

多分、禁断症状。
まいんちゃんで偶に聴くくらいじゃたんねー(爆)
posted by まう〜 at 11:51| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

断面

200911030800000.jpg
お味はですね〜…

超好きw

マジでうまいっす〜♪

元々、米粉パン大好きな私。
20%でも十分満足野行くものが出来ました。

そろそろアレンジパンに挑戦かな〜。
posted by まう〜 at 09:19| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒いね〜

200911030740000.jpg
今日は米粉20%配合のパンを焼いてみました。
普通のよりふくらみは若干ない感じ。
posted by まう〜 at 09:14| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

九州限定

200911021406000.jpg
柚子こしょう味(笑)
後味がピリッとするだけだけど、発想が面白い。
ジークが寝てる間の、ほんのひとときにいただきます(^人^)
posted by まう〜 at 14:11| Comment(0) | キットカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

味感

200911010534000.jpg
本当はもう少し冷めてから切ったほうが良いのでしょうが、ドゥベの予定に間に合わないので、ふわふわ状態を切りました。
中が色付いてるのは、マスコバド糖を使っているからです。
某商品と同じ味がしたよ(笑)凄いね!
とにかくふわっふわで美味しい〜。
焼きたてだし、美味しいし、安いし、
こりゃ、市販品買うことないなー。
明日また焼こうかな♪
posted by まう〜 at 09:12| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼けました

200911010517000.jpg
ホームベーカリーで初焼きです。
ホントにこんな簡単に出来ちゃうんだー♪
朝起きて寝室から出たら、家の中がパン屋さんの匂い〜w
単価計算しても、一斤で百円かかってないんですよ。
七十円か八十円くらいじゃないかなー。
すげーなー。
お味の感想は次にて。
posted by まう〜 at 08:55| Comment(0) | 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。