2010年06月30日

何故に。

朝っぱらから、他にもやることはあるだろうと思うのですが、
どうしても、吐き出しておきたいことだから、書かせてもらいます。

まずは、日本代表、お疲れ様でした。
絶対に勝てない、と言われる中、とてもよく頑張ったと思います。

だがしかし、私は言いたい。





今回の大会出場メンバーについては、「監督の英断」と世論では評されているが、本当にそうなのだろうか。

スポーツとは、世論に支配されるべきものだろうか。

結果として、勝てた。それは素晴らしいことだと思う。
勝てるチーム編成にするというのは、監督として当然だと思う。
だから、間違っているとは言わない。最後のPKがどうのこうのと言われてもいるが、それは後の祭りだ。

だけどね、
だからと言って、他の代表メンバーを、批判していいの?

それも、たった一人を、よってたかって。

「お前が出なければ、それでいいんだ」って。

違うだろ。

この大会に出るには、それまで数々の予選を勝ち抜かなきゃいけなかっただろ。
4年間、積み上げてきたものがあるだろ。
それよりも何よりも、代表として選ばれた人も、選ばれなかった人も、誰もが「日本のために」という想いで、頑張ってきたし、努力もしただろう。

その最たる人だろう、彼は。

なのに何故、あれほどまでに叩かれなければならないのか。

いつ、彼が拗ねたというのだろう。
出られないからと、腐ってしまったと決めつけるのか。
出られなくても、一生懸命、練習に励んだ。
致命的な怪我もある中(人はそれを「言い訳」と嘲笑った)、必死で戦った。
彼が「出してくれ」と監督に詰め寄ったわけじゃないだろう。
監督が「行け」と言い、ピッチに立って、精一杯戦っただろう。
その結果、「チームが」勝てなかっただろう。

彼一人の責任なのか?彼が何か、パスミスでも、ゴールミスでもしたのか?

それならば、今大会を戦ったメンバーにも、いくらでもあったじゃないか。

大人気のH田がシュートを外せば「健闘」で、
彼が外せば「非国民」扱い。

おかしいよ。日本人。

そして監督、一言言わせて。
彼に10番を背負わせたのはあなただろう。
では何故、彼を最後まで信用しなかったのだろうか。
例え使えなかったのだとしても、これだけの批判を、監督と同じだけ浴びてた彼を(そしてその後、あなただけ賞賛され、ますます中傷の矢面に立たされた彼を)、言葉で擁護してあげられなかったのだろう。

もしかして、していたのかもしれないが、マスコミが報道しなかっただけかもしれないが。

ともあれ、納得がいかないのだ。
結果がどうこうじゃない、その過程が、気に入らない。
誰かを叩いて、他を賞賛するという根性が、気に食わない。

しかしこれが、日本の体質なんだ。
だから政治も腐敗する。否、腐敗した人間に、騙される。

私はサッカーに詳しいわけじゃないけれど、彼が今まで一生懸命努力してきたのは知っているつもりだし、彼のプレーに感動してきた一人だから、
今大会の恐ろしいまでに膨らんだバッシングには、首を捻らざるを得なかったのだ。

そんなに「仲良しサッカー」がしたいなら、次回から、代表メンバーは世論任せの人気投票にすりゃいいじゃんって思うくらい、納得がいかなかったのだ。

23人が居たからこそ、その他にも、選ばれなかったたくさんの選手が居たからこその日本代表だ。
その心なくして、何が「日本ガンバレ」だ。

どうか、彼には今後も活躍してほしい。

「我は深きについて、我が道を征く」

自分自身、この言葉を刻んだ、朝でした。

↑↑ならこういうの書くなよ(笑)


あ、それと、
やっぱり最終兵器(M本)は最後まで使わなかったねww
それも変な話。勿体ねー。
posted by まう〜 at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。