2008年10月14日

狂ったように。

逆子体操の時間を利用して読み漁っています。


『今昔続百鬼 ―雲―』/京極夏彦

「京極シリーズで誰が好き?」の質問になかなか明確な答を出すことが出来なかった私ですが、遂に、出ました。

多々良先生です(笑)

本編でも彼が出ると癒されます。だらだら読みしててもグッと引き込まれます。
そんな多々良先生を存分に味わえるこの一冊。読んでいる時間、私は心から幸せでした。大好きです、多々良先生。
気分は沼上さんですよ、もう。私も「ぬ」って言われたい(爆)



『虚空の旅人』/上橋菜穂子

続けて読んだのがこちら。京極作品の後という事もあってか、一日で軽く読破(笑)

今回はチャグムが主人公とだけあって、なんつーか、母親の気分でした(おい)どっかで「バルサ出ないかな〜」なんて期待したくもなるんですが、その辺はグッと堪えて。成長した彼を感心しいとおしみながら読みました。
最高だった。チャグムは本当に立派になったよ。



『覘き小平次』/京極夏彦

で、今日読み終わったのがこちら。
伊右衛門シリーズ(?)の第二弾。巷説の外伝的?作品とでも言うのでしょうか。
又市や治平が出てきますが、それよりも何よりも、このシリーズで描かれる愛の形には、本当に、心酔してしまいます。
とにかく素晴らしいんだ。もう、入らずにいられないんだ。
今作はすっかりお塚にリンクしてました…なんて言うといろいろと驚かれそうですが、彼女の心情は決して珍しくも何ともなく、至極当然にあり得る女のこころだと思います。そして小平次も然り。
今回も、とても美しいラストシーンだと思います。果たしてそう表現するのが正しいのかどうかはわかりませんが、私はそう思います。
素晴らしいです。


今日はまた目眩が激しかったので睡眠と読書が主の一日でした。なので夜も少しゆっくり過ごしてますが、そろそろ逆子体操して寝なければいけません。
最近は兎角独り寝が多いです。嫌がらせのようにドゥベは出張続き。
でも読書してるとそっちの世界に入るからか、悪夢は少ないように感じます。不安だとすぐに夢に出るので困ってたのですが。良かったです。
ジークが元気なのが何より。そろそろ出て来たがってるのかなって思う程の元気の良さ。痛えんだけど。

さ、今夜からの体操のお供は、遂に登場、榎さんです。
posted by まう〜 at 23:40| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

2007ベストアワード『小説編』

2007ベストアワードもいよいよ終わりが近付いてきました。
もう少しお付き合い願います。

次は『小説編』です。


2007ベストアワード『小説』編
posted by まう〜 at 12:19| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

何処に行こうか。

本日、読了した作品。
(※注:一日で全部読んだわけじゃないよ^^;特にコレ↓)


『絡新婦の理』/京極夏彦

長かったけど、いつもと同じく、残り半分は一気に読む(笑)
前半に費やした時間は凄く長いんだけどな。不思議。


『Arcana5』/一迅社

峰倉センセが一番ステキだったvv
しかし前作の吸血鬼ほどそそられなかったのは、テーマが難しかったから??
魔神大先生にはホント救われます(爆)


『拝み屋横丁顛末記9』/宮本福助

拝み屋はいつまでも同じテンションで永久に続いて欲しい…(切実)
いや、面白かったんです。ホッとするくらい。



以下、『絡新婦〜』のネタバレ感想。


人を呪わば穴二つ。
posted by まう〜 at 18:39| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

『鉄鼠の檻』

『鉄鼠の檻』/京極夏彦


読了であります。


続きを読む
posted by まう〜 at 09:29| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

『精霊の守り人』


『精霊の守り人』上橋菜穂子著

読了しました。いやはや、完敗であります、私(笑)
もうすっかり作品の虜。
始めはアニメほど強烈な魅力は感じなかったんですよ、正直。「児童文学だなー」って、懐かしく思うくらいで。
それが、バルサの戦闘シーン(アニメでいう所の今回「死闘」のシーンですね)辺りから急速に惹きこまれてしまい、最後までノンストップ。夕飯も後回しにして貪り読んでました。
んもー、バルサ姐さんったら素敵すぎよvタンダも思ってたより随分いい男だし、何より、チャグムが愛らしくて仕方がない!
チャグムに関してはバルサの気持ちにすっかりシンクロしてました。ラストシーンなんか特に(>_<)ゞくうっ
この作品はファンタジーですが、読んだ誰もが言うように、「人間」を描いた物語、なんですよね。
バルサは強い用心棒だけれど、スーパーマンならぬスーパーウーマンではなく、矢張り女で、人の子である。
そしてチャグムも「神の子」と言われながら、所詮は人間で、何も知らない子供である。
トロガイ師はスーパーババアだけど(笑)ああいうキャラは一人居ないとね。
星読みという一種の宗教哲学と、ヤクーに根付く世界観。薄れ行く先住民族の歴史。新しい時代を築く者たちの葛藤。全てがリアルで、そして決して他人事じゃない。世界は創られたものだけど、この世界と何ら変わることはないなと。
「徹底研究」でも言われてたことですけどね=3まさにその通り。
そして一冊読んで、改めてアニメを振り返るといろいろな事がわかる、というか気付く。
例えば前回。トーヤの小屋に行ったバルサが、「バルサ姐さん!」と声を上げたトーヤに向かって「シッ」と静かにさせるシーン。
普通は人差し指を唇の前に立てるところを、バルサは小指でやったんですね。それが凄く印象的で、気になっていたのです。
で、原作を読んで解決。
ただそれが、右手だったか左手だったかでまた意図するところは変わると思うんですけど。どっちだったかなあ。
原作にはない仕草ですが、敢えて使ったっていうのも好き。制作の過程を垣間見たからというのもありますが、毎度画面を食い入るように見てしまいます(*^_^*)
戦闘シーン(アニメの)も流石I.G.というものでした。原作の迫力をそのままに、更に緻密に繊細に描かれていて、ただただ感動。
ぶつかり合った衝撃で震える槍身、「人間」として無理のない(けれど超人的な)動き。
こんな仕事されたら他の制作会社が困っちゃうねとテレビでも言われてたけど、本当だわ(笑)

ともかく。
これまたシリーズで欲しくなっちゃいました。でもやっと一冊目が文庫化したばかりなんですよね。この後、続々と出るといいなあ。
posted by まう〜 at 11:02| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

狂骨の夢


『狂骨の夢』京極夏彦著

京極堂も三冊目になれば幾らか登場人物の個性も話の展開も読めていいだろうと思うのだけど、まだまだだなと思わされた一冊でした。
初っ端からあまりにも混迷していて、進まないんだこれが(笑)
私はよくこういうのを「ぐるぐる」って言っちゃうんですけどね。その「ぐるぐる」加減もここまでくると抜けることなんて無理じゃないかって。いくら京極堂でも、いつもみたく落とせないんじゃないかって思ったのです。
でもやっぱりやっちゃうんだよなあ、あの人(笑)
ちなみに、私はエノさんに落としてもらった感じです。ストンとね。

で、さんざぐるぐるした後なのに、すぐ次が読みたくなるんだよなあ。今はちょっと我慢して(というかDSが面白くて)お休み中だけども。

相変わらずレビューになってないですがこれにて(京極堂を語る頭がないのさワシに^^;)
posted by まう〜 at 08:14| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

嗤う伊右衛門


「嗤う伊右衛門」京極夏彦著


昨日は女の痛みと格闘しながらこれを読んでおりました(-_-;)眠りたかったけど眠れなかったから。
なので程好い寝不足加減で今朝を迎えております。呑み会だったドゥベンコを朝から会社まで送ってやり、会社に辿り着き気が抜けたのかアクセルとブレーキを間違えてしまいあわや惨事となるところでした。だから朝一番の運転は好きじゃないです。しかも今日みたく体調不良で貧血気味な時はねー。

まあそんなコトはともかく。「嗤う伊右衛門」でございます。購入してから数ヶ月の間、放置されておりました。なぜなら京極堂を読んでいたからです。先日、漸く「凶骨の夢」を読了したので(感想はこの後にでも)インターバルで、も少し短い作品が読みたくて(笑)それでも普通の長さはありますよ。
京極作品を全て買い揃えているわけではないのですが、何故これを買い置いていたかというと、あの「巷説百物語」に出てくる御行の又市サンが出てくるからです。「巷説〜」とは関係のない物語なのはレビューを読んでわかっていましたが、いち又市ファンとしては見逃せない作品だろうと思ったわけです。

で、読んでみてどうだったのか。
これは何と美しく、潔く、そして切なくて哀しい愛の物語だろうと、思いました。

この作品は所謂「四谷怪談」の“お岩さん”を題材にしたお話です。出演者も設定も、ほとんどが同じように使われているそうです。しかし物語は京極版の“お岩”です。
岩や伊右衛門、又市、直助、宅悦、喜兵衛…諸々の登場人物が、初めは僅かな繋がりで、それが連なり重なって、やがてひとつになる様は、矢張り京極マジックとでも言いましょうか。何れにも物語があり、表があって裏がある。複雑な人間関係の中で、ただ真っ直ぐで清らかだったのは岩と伊右衛門だけだと私は思いました。
真っ直ぐであるが故に起きた不幸を、しかし嘆くよりもほんの少し胸がチクリと痛むような気持ちで読み進め、最後に至ってはじんわり暖かくなるのを覚えました。哀しい結末というよりも私は、あれが二人のハッピーエンドだと思いました。
この岩と伊右衛門のそれぞれの想い。それはとても不器用で、読む人によっては苛立ちさえ覚えるものだったのかもしれません。が、私は全くそのような事はなく、寧ろ共感さえしたものです。不幸を嘆かなかったのはそこに因があるのかなと思いました。
あとがきではいろいろと書かれていましたが(文献の注釈などは知識のない私には助かるものでしたが)、学のある方の解釈は私には難しすぎて、それよりももっと単純に、二人を見ていたのだと読み終えた後に気付きました。著者はあまりにも人間を描くのが巧みで、こと女に関しては、厭味なまでに核を突きます。だから魅力的なんです。
京極作品を読んでいるとその場の空気や音や匂い(特に死臭悪臭汚臭の類)、皮膚の温かさまでリアルに感じ取ってしまいます。正直、読んでて吐きそうになることもしばしばです(苦笑)場を想像して血の気が引く事もあります。
だけどこの話のラストシーンは、とても美しい映像として私の中に入ってきました。文面通り想像すれば決して美しくなんかないし、吐き気貧血必至です。実際に見たらそれじゃ済まないでしょう(笑)
でも、きれいだと思いました。それは多分、初めて又市が岩を見た時に言った「綺麗」と相通じるものじゃないかな、と勝手に解釈しました。

又市も、まだ若くて、そして人間らしかったです(笑)

兎に角、感動でした。おわり。
posted by まう〜 at 09:58| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

おっかなびっくり。




暫く京極関連の情報をチェックしてなかったら、何と年明けにエラいことが発表されてるじゃありませんか!


「魍魎の匣」映画化!


「姑獲鳥の夏」が映像化されてるのは知ってたけども、「魍魎〜」は難しいだろうと思ってました。それをやるのかー。すげえなあ。アレとかアレとかどうなるんだろう…ねえ?(笑)
ちなみにキャストは関口くんのみ変わったようです。椎名桔平氏です。制作発表の様子を見た限り、前役の永瀬氏よりしっかりしてるかなーとは思うのですが、役の年齢差とかを考えたらバランスがとれてますね。作品を観ていないのですが、永瀬氏が関くんっていうのは少し若い感じを受けていたので。
しかしですね、京極堂シリーズを読み始めて日が浅い私が言うのもおこがましいですが、「魍魎〜」は兎角インパクトの強い作品だったのですよ。読み終わった後に意識が朦朧となったのも初めてだし(苦笑)、シーンを想像すればするほど気分が悪くなるのにやめられないし。まさに「魍魎」にとり憑かれ…いや呑み込まれかけてましたね(・_・;)
それが映像化ですよ。まあ原作よりもコミカルな部分が多いとは書かれてましたが大筋は変わらないでしょうからね=3

劇場に行くのが楽しみだなあ〜。

↑は「魍魎の匣」を各種取り揃えてみました(笑)分冊文庫版だと三冊にもなるんですね〜。でも持ち運ぶならやっぱり分冊かな。



今日は日帰りで実家に帰ってきました。滞在時間は一時間半。往復する時間に比べたら激短です(笑)バレンタインチョコを配ってきました。代わりに食材を大量に頂いてきました。
私の実家では兄貴殿からコレを貰いました。

モンスターズ

ほら、バレンタインだから、ね?(え)


さ、お腹空いたからご飯食べようかな。



続きを読む
posted by まう〜 at 18:23| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

やってしまひました。

結局、ブログという安易な形に収まってしまいましたが、始めることにしました。別館です。
ずっと「やりたい」と思ってたけど周りに居る先輩方(笑)のようにサイトを立ち上げるのは非常に面倒(スマン)だったので、とりあえずこっちからやってみます。名前も考えるのめんどい。なので、何かあったらまた考えます(おい)。
場所が場所なので細切れのような文章ばかりだと思います。長いとしんどいんじゃないかと…(-_-;)ま、これから、これから=3

頭の中に巡ってるモノは出しておかないと、ね^^

興味のある方はドウゾ。暇潰しにもならなかったらスイマセン。石投げ禁止ヨ★
posted by まう〜 at 01:18| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

読了。

魍魎の匣―文庫版魍魎の匣―文庫版
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 魍魎の匣―文庫版
[著者] 京極 夏彦
[種類] 文庫
[発売日] 1999-09
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


思わず彼岸に行きかけました。

読みながら酷い目眩と吐き気を覚える…。

どうにも京極堂に取り込まれたらしい。いや、匣か?(苦笑)

まだ巧く纏めることが出来ないので感想は後程。

取り敢えず、今回は榎さんに一票。最高だ!

posted by まう〜 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

「姑獲鳥の夏」

文庫版 姑獲鳥の夏文庫版 姑獲鳥の夏
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 文庫版 姑獲鳥の夏
[著者] 京極 夏彦
[種類] 文庫
[発売日] 1998-09
[出版社] 講談社

>>Seesaa ショッピングで買う


京極堂シリーズ第一弾、読了しましたvv
のっけから非常に哲学的な理論の応酬で、好奇心半分、付いていけないの半分(~_~;)だったのですが、しかし興味深くもあったので頑張って読みました。
次第に事件性が現れていくにつれ、「巷説〜」に似た京極マジック(と勝手に呼ばせていただきますが)にかかってしまい、夜中までついつい読み耽ってしまいました=3確実に「仕掛け」にハマってました(笑)

はるちんは「まうは誰にハマるかしら。三蔵好きならエキセントリックなエノさんか、いや、京極堂か……関くんではないだろうけど」とブツブツ言っておりましたが(笑)今回の「姑獲鳥の夏」では京極堂に一票です☆理屈過ぎる男ではありますが、大筋の思想的理論には共感を覚えるというか…それよりも術者的キャラというのがツボなのか(爆)つっけんどんなようで時に優しかったり、それらが天然というのが好いのかも。エノさんのキャラには非常に興味を覚えますし、容姿端麗な美貌と奇天烈な行動&ファッションセンスはストライクゾーン真っ只中ですが、何分、出番が少なかったので判定は次回に持ち越し。関くんは、呼称はストライクゾーンだけど(出た)「巷説〜」で言う処の百介さんだな、という処では、読者的立場に近いかな、と思いました。視点になっちゃうからそういう対象にはならず、ですね。
ああそうそう、脇で一番グッときたのは、監察医の里村さん!科白の内容も話し方も、素晴らしいまでの変体振り(笑)で、もーキュンキュンきました(馬鹿)

京極作品はやはりスイッチ入っちゃうと止まりませんね(^^ゞ二冊目に行くのはまたちょっと我慢しないと大変です。



さて、今日は近所の眼科に初めて足を踏み入れてきました。この地域は大変病院が充実してますが、「専門医」を掲げてる所も多いみたいです。意識して行ったわけじゃないけど、その病院もそうでした。患者さんも多かったですが、読書に耽っていたので全く構いませんでした(笑)スタッフもきれーなおねえさんが多くて(おい)しかもイマドキっていうのじゃなくて、とても感じの良い所でした。
驚いたのは、おねえさん方の話し方が非常に綺麗なこと。声もよく通って綺麗だし、滑舌も良いし。イマドキの妙なアクセントも無いし。性格柄、そういうのが気になる性質でして(^_^;)自分の喋り方もとても嫌いなのですが。それもあって好感もてました。
検査も丁寧。話も聞いてくれる。先生もちゃんとしてる。「初診だから」ということで今日はレンズを購入させず、「一週間様子を見てからお出しします」という慎重さ。コンタクト屋と比べてどうしても価格は高かったりするのだと思うけれど、お手入れ用品のサンプルをくれたり、まとめ買いの割引もあったりするようなので、思っていたよりもサービス良いかもしれません。
何せ、実家に居たときに通ってた眼科はとにかくケチで、オマケとかサービスとかは一切無かった(けどそこに勤めている子と偶々親しくなったのでこっそりサービスしてもらってました^^)ので「眼科」というと「高い」「面倒臭い」の意識が強く残ってたのですね。
あれからもう何年も経つのだから事情もいろいろと変わったというのもあるかもしれませんが、あれなら今後、掛かりつけに出来るかなと思いました。何かあったときに専門医の診察が受けられるのは安心ですもんね。

あとは内科で安心できる所を探さなきゃなー…。
posted by まう〜 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

うわー。

いろいろやらなきゃいけないこともあるんだけど!
ついついこんなものを見つけてしまったからスイッチが入っちゃった!!

http://moura.jp/liter/kyogoku/

京極さんの新刊「邪魅の雫」のプロモ映像。京極さんのナレーション付きです!
京極堂シリーズの最新刊は三年ぶりだそうですねー。まだ一冊も読破していない私にはアレですが、好きな方は待ちに待ったものなのではないかとv

京極さんはご自分で朗読などもされているし、アニメの巷説百物語でも自らご出演されてましたし、声、いいんですよね。ホントに。
今回もとても味のあるナレーションを聴かせていただきました。京極ファンは是非☆

特にはるちん、まだチェックしてなかったら行ってみて!そして新刊もヨロシク(笑)

というわけで、スイッチ入ったので読んできます♪
posted by まう〜 at 19:33| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

うふふふふふふ。

はるちんに京極堂シリーズを借りてくる。
ついでに先日のメイド喫茶について熱く語ってくる(笑)

次ははるちんと行くのだー。


あー実家は極楽=3
posted by まう〜 at 23:28| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

寝込んでもやることは一緒。

巷説百物語巷説百物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 巷説百物語
[著者] 京極 夏彦
[種類] 文庫
[発売日] 2003-06
[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う

続巷説百物語続巷説百物語
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 続巷説百物語
[著者] 京極 夏彦
[種類] 文庫
[発売日] 2005-02-24
[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う


お陰さまで熱は下がり、後は喉の痛みさえ引いてくれれば全快というところまで復活しました。
一日の半分は寝て過ごし、残り半分は本を読んで過ごしました。寝過ぎて寝付けない時の対応策で読み始めたのですが、そこは恐るべき京極マジック(笑)やめられない止まらない〜で思わず読破してしまいました(~_~;)「続〜」は文庫で760p強の厚さだったので、「そんな一日じゃ読みきれないヨ(しかも寝込んでんだし)」と思ってたのですが、何のこれしき。小股潜りの話術に魅せられていたのは誰でもないこの私です(爆)
というわけで、とりあえず「巷説百物語」は一応の終末を迎え、百介と似た寂しさを抱えております。
以後、ネタバレも含むレビューとなりますのでご注意をば。



この二冊。読むならセットで、がオススメです。
恐らく読者のほとんどが自ら百介になったような気分でこのお話を読み進められるのではないかという前提でお話をさせていただきますが、「巷説百物語」ではとにかく「仕掛け」の中身が全く読めません。視点が百介のみならずおぎんや又市、そして「仕掛け」の対象となる者たちと様々であるのに、最後の謎解きに至るまで何が起こったのか、この一連の流れの裏に何が仕込まれたのか、何処にどう手を加えているからこうなったのか、それが読めないのです。全ては偶然の重なりのように見えても、その偶然を操っているのが又市たちであり、しかし表向きにはそれらは「あやかし」の仕業であると見せる。それに何の意味があるのか、初めは疑問を抱いても、次第に惹きこまれてしまうのです。
そして「続巷説百物語」では、全て百介の視点で物語が進むのですが、これまた不思議なことに、前作で培われたある種の経験がものを言うのか、それともこれが京極マジックなのか、又市の仕掛ける中身がリアルに読み取れるようになるのです。前作のように又市の動きが随所で説明されることは少なくなっているはずなのに、百介の勘が、同じように読者である我々(と敢えて表させてもらいますが)にも働くのです。「もしや今度は…」と。
それでも又市はやはり一枚も二枚も上手で、我々のあずかり知らぬ処に居るわけなのですが。だからこそ更に惹かれるのでしょう。
「続巷説百物語」は「巷説百物語」の後のお話というわけではなく、中のお話はそれぞれ時系列も前後したりするのですが、「続〜」は一貫してひとつのテーマというか、大きな流れに沿った内容となっているようです。なので中身も濃かったです。おぎんや治平の過去には触れて、又市の過去が結局明らかにされなかったのも憎いところですね。

ついつい「後巷説百物語」まで買ってしまいそうな勢いですが、こちらはまだ文庫化していないとのこと。「続〜」と同じくらいのスパンで文庫化するなら、今年中にはなるんじゃないかと思うので待ちます。それまで他の本を読みます。うん。読むぞ。

アニメからハマったとはいえ、アニメとは解釈が全く違うので原作は原作として十分に楽しめます。御行一味と百介の関係からして違うのですから大した違いですが、だからといってアニメを低く見るということもないですね。あのアニメのクオリティは非常に高いと思いますし、実際、原作通りにアニメ化するのはかなり難しいしやっちゃいけないだろうと(^^ゞアニメというメディアを上手に使った作品なんだと思います。ただ、違うものとはいえ、やはり原作を読まないと意図するものもわからないかと。
ドラマもやってますが、観たいような観たくないような複雑な気分です。原作を読めば読むほど又市らの人間臭さ(アニメでは妖怪臭い・笑)が匂って「リアルなのも良いかもなぁ」と思うのですが、それでもどこか超越した部分を持ってて欲しいので、うーんといった感じ。ドラマだとどうしても人間臭さが表に出るでしょう?あと、個人的に又市はどんな身なりでも中尾隆聖さんの声が好いのと、百介は関さんじゃなきゃ嫌なのと(爆)やっぱりそっちか、というトコですかね。

さて、勝手気ままにつらつらと述べさせていただきましたが、私の感想はこんな感じです。面白かった。その一言でも十分なんですがね。悪い癖です。
これを気に、京極作品にどっぷり浸かっちゃおうと思います。ケチなので文庫でね(笑)
posted by まう〜 at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。